EVバスの導入

ハウステンボスでは環境に配慮することを目的として、世界をリードする最先端技術を持つ、BYDのEVバス導入に至りました。
導入したEVバスは、世界中で運行されている大型EVバスK9および、日本市場向けに初めて開発された小型EVバスJ6です。K9は園内ホテル宿泊者専用送迎バスとして2020年2月より、J6は園内を走行するパークバスとして12月4日より運行を開始いたしました。

SDGs· 하우스텐보스 강연

ハウステンボスでは、開業時から先進的に実施しているSDGsの取り組みをお話しするSDGs講話や環境設備見学、パーク内での英会話等、体験学習のコンテンツを多く有しており、ご来場になるお客様をメインに学習コンテンツとしてご利用頂いております。

食の安全管理体制

ハウステンボスでは食品衛生法の一部改訂により制度化されたHACCP(ハサップ)のシステムをパーク・ホテルの飲食店舗にて取り入れ衛生管理を行っています。 外部業者様よりHACCPの取り組みについて、研修・取り組み内容のリメイクなどおこない、食品衛生管理の維持向上に務めています。

쇼핑백
유료화에 대해

ハウステンボスでは SDGs 取り組みの一環として、2022年4月1日から、プラスチック容器包装削減のため、 物販店舗を中心に無料提供しているショッピングバッグを、一部を除き有料化いたしました。素材もバイオマス素材に統一して、地球環境保護のために取り組んでおります。

호텔의 대처

■エコ清掃

ハウステンボス5ホテルでは、地球環境に配慮し節水・CO2削減・地球温暖化対策として、お客様に協力いただきエコ清掃を実施しております。

■食品ロス削減

バイキングレストランでは、「フードロスにご協力お願いします。」という案内表記を提示し、お客様にご協力いただきながら食品廃棄物を少なくする取り組みを実施しております。

■ホテルロッテルダムD・E・F棟
(2023年10月26日より、変なホテルハウステンボスから名称変更)
地産林業への振興寄与

建築コスト削減、地産林業の振興に寄与できるよう、日本初のCLT工法を用い自然素材である地元木材を100%使用しました。

再生可能エネルギーの活用

ハウステンボス場内各所には太陽光発電設備を設置し、演出上使用する電力もエネルギーシステムでこの一部を賄っております。

사내 SDGs 침투 프로젝트

하우스텐보스 개업 당초의 컨셉은 ‘생태와 이코노미의 공존’.
「지속 가능한 개발」을 가지고, 천년 앞의 아이들에게, 훌륭한 문화와 자연 환경을 주고 싶다.
그것이 우리 하우스텐보스의 변함없는 소원입니다.
지속 가능한 사회에 대한 공헌을 계속하기 위해 2021년 7월 10일에 사내 SDGs 프로젝트 팀을 출범했습니다.
하우스텐보스 개업 당초부터의 환경에 배려한 대처에 대한 공유나, SDGs의 지식을 깊게 하기 위한 강화 월간을 마련한 사내 침투에도 힘을 쏟고 있습니다.


PageTop